スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋城

今日は昼間にちょっと時間が取れたので名古屋城へ行ってきました。
もうどれくらい前に行ったのか記憶も定かではありませんが
たまには郷土の名所に行くのもいいかなと思ってです。

行ってみてびっくり。
前の記憶とは大違い。

まず入って目に付くのは工事現場にかかってる足場と覆い。

天守閣以外では一番目に付く西側の隅櫓が改修工事のために囲ってある。

その隅櫓を横目に天守閣の入り口まで長いこと長いこと。

こんなに距離があったんだろうかというくらい長い。

前来た時は感じなかったけどそれだけ年を取って歩くのが億劫になってる証拠か。

天守閣に入る途中、
若い女の子がカメラのシャッターを押してくれませんかというので撮ってあげた。

どれをバックに取るかと尋ねるまでもなく天守閣をバックに写真を撮ってあげたけど、
かなり近くだから石垣だけで天守閣は映らない。

まあそれはそれで仕方ないね。

天守閣に入ってみると前とは全然違う展示物。

今名古屋城では本丸御殿の再現がテーマとなっている。

本丸御殿とは将軍が尾張藩におなりになった時のための立派な御殿。

戦争で焼け落ちる前に天井や壁の装飾やら壁画などを疎開していた。
それらの重要文化財を修復して、
御殿も昔の通りに立てるとか。

御殿を立てるのは結構大変なことで、
ベテランの宮大工が大勢名古屋にやってきて建築にかかってる。

この建築中の建物自体も構造見学会などをして一つの目玉になっている。

月曜と水曜以外が工事の日というから、あいにく今日は水曜なので工事現場は見れなかった。

お城の中で3Dシアターをやっていて本丸御殿の素晴らしい装飾の数々を立体映像で見せてくれてる。

タダだけど11時から数分のできごと。

映像の中の案内役は徳川宗春。

尾張名古屋のカブキものの殿様だ。

幕府の倹約令に逆らって芸どころとなった名古屋の象徴ですね。


その宗春の持ったキセルがビュンっと迫ってくる。


鳥がぐわっと迫って飛んでくる。

結構迫力があります。

時間は短いけど堪能できる3Dシアターだ。



見終わって上の階に登って行く。


お目当てはおびただしいほどたくさんの武具と着物。


ところが登ってがっかり。

たしか前は、おお!!っというほどあった刀剣などが嫌に少ない。

目を見張るような着物もない。

代わりに石垣をひく体験コーナーとか、
金のシャチのレプリカに乗って者しいを撮れるようになってるコーナーとか、
作り物の展示場とかしている。


小さなこどもや外人さんならならそれでいいのだろうけど・・


素晴らしい歴史物展示物は本丸御殿が完成するまで隠しておくのだろうか。

寄りかからないでくださいこの奥は展示物が隠れてますって言ってるように、
板でで囲って見れないようになってしまってる。

以前きたときのあのすばらしい刀剣の数々と着物たちはいつ見れるのだろうか・・


展示物にはちょっと不満があるけど
それでも来てよかった。


一番の収穫はやっぱりお城は守りの要めだということが認識できたこと。


入口から何回も折れ曲がってしか進めない石垣で囲まれた道。

まっすぐ入れると、いざ敵が攻めてきたときに、一気に攻められる。

直角に曲がっていると、それだけ攻めてくる敵の勢いがそがれる。

それが何回も曲がって曲がって進まなければいけないのだから、
攻めてくる敵を返りうつ機会が増えるというものです。


平城の名古屋城も攻め込むには結構大変だろうなと思えたことが一番の収穫か。

岐阜城みたいな山城とはまた一味違った良さがある。



さて今度名古屋城に入るときは本丸御殿が完成してからか。

ところでいつできるんだ?

パンフレットはあったんだけど、
仕事中だったのでもらってこなかった。


ちょっと残念ですがしかたない。

コメントの投稿

非公開コメント

おとくだね情報



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

リンク
プロフィール

おとくだね

Author:おとくだね
FC2 Blog Ranking

マイプロフィール

今日はどんな日?(時計機能付)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

カテゴリー
FC2カウンター
月別アーカイブ
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
記事を一つだけ表示
---->
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。